SAJの活動

rogosaj
pixta_56964329_XL

SAJは非営利団体です。無償のボランティアメンバーによって運営されています。
2001年6月25日に生まれた、ステップファミリーと、その家族に関わる職業に従事する人のために、さまざまな情報やサポートを提供している民間の団体です。

ステップファミリー 多様な家族の暮らしのために

『ステップファミリー』とは 親の新しいパートナーとすごす子どものいる家族のことです。
異なる歴史を持つ親子とパートナーが、ひとつの家族となっていく旅は、道なき道を地図もコンパスも持たず、模索しながら進んでいくようなところがあります。

既にある程度成長したパートナーの子どもに、途中からどのように関わっていったらよいのか、元配偶者との面会はどうすればいいか・・・子どもの立場では、離れて暮らす親との一緒に住む親との間での板挟みなど、こういったステップファミリー特有の問題で迷ったり悩んだりしているのは、あなただけではありません。

実はステップファミリーに関して「これがわかっているとかなりラク」という情報やヒントはたくさんあるのです。SAJでは、研究に基づくステップファミリープログラムや、当事者同士の交流の場、ステップファミリーその特性を理解され、適切なサポートを得られる社会となるよう、専門情報を提供する活動をしています。

SAJは、活動を通して、ステップファミリーらしさを大切にした、新しい観点での家族の育みを応援しています。

添付写真①アップ

SAJ代表者について

緒倉珠巳

SAJ(ステップファミリー・アソシエーション・オブ・ジャパン)代表。シングルマザーを6年経験後、再婚。2児の母。ステップファミリー歴は15年。ステップファミリーのサポートグループ「LEAVES」を東北、関東、東海、関西で運営。研究者と協働し、セミナー開催や専門著書執筆などで活躍中。SAJ相談業務担当。児童福祉および家族にかかわる専門機関での研修講師なども務める。日本離婚・再婚家族と子ども研究学会理事。仙台在住。

主な著作
・『Q&Aステップファミリーの基礎知識―子連れ再婚家族と支援者のために』野沢慎司他編著 pp128- pp143.(明石書店 2006年)
・『ステップファミリーのおとなのためのきほんブックレット』野沢慎司/緒倉珠巳/桑田道子/伊藤幸代 全32ページ(SAJ 2017年)
・『子どもの虹情報研修センター 紀要No.15』「新たな親子関係の構築を考える」pp92-pp108.(子どもの虹情報研修センター 2017年)
・『ステップファミリーのきほんをまなぶ 離婚・再婚と子どもたち』SAJ・野沢慎司編(金剛出版 2018年)
・『保健医療分野に生かす 個と家族を支える心理臨床』日本家族心理学会編集 pp134-pp144(金子書房 2019年)